雑記諸々

くだらない日々の事を淡々と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小松基地航空祭

19日、航空祭当日。
5時起床、猛烈な雨。6時にホテルをチェックアウト、駐車場の車に置いてあったカメラなど機材を取りに行く。
カッパが見つからず絶望感w しかし以前伊丹で自転車移動の際に三脚袋に一緒に入れてたのを思い出し解決。
6時半、待ち合わせの小松駅に。
北側ロータリーのシャトルバス乗り場はすでに長蛇の列。
7時にならないと動かないはずなので、さらに伸びることは必定・・・ってことで、例によってのタクシー相乗り。
1650円で基地まで。
歩行者は東門か特設門から入場ってなってて、駅に近い側の東門はこれまた開門前に長蛇の(ry
なので少し歩いて特設門へ。ほどなく開門し、待機ゼロで手荷物検査も終えて会場へ。
IMG_4989-2.jpg
IMG_8687-2_filtered.jpg
IMG_8711-2_filtered.jpg
IMG_8718-2.jpg
IMG_8846-2.jpg
IMG_8856-2_20160925220333960.jpg
IMG_8870-2.jpg
IMG_8881-2.jpg
イーグルはよろしいですな。
IMG_9205-2.jpg
IMG_9252-2.jpg
マニアのお目当ては
IMG_9303-2.jpg
IMG_9328-2.jpg
アグレッサーキター
宮崎の新田原基地から拠点を移動した飛行教導群。
仮想敵機として戦術訓練を行う、エリート中のエリート。そして機体の迷彩も人気の理由。
IMG_9704-2_201609252208121f0.jpg
IMG_9719-2.jpg
IMG_9760-2.jpg
IMG_9808-2.jpg
かっこ良すぎか・・・。このあとアグレッサーのパイロットは、「塗り絵コーナー」で子供相手をしてはって、
これまたミリ女子のハートを鷲づかみにしてました。
確かに新田原にいたときのような、キレッキレの複数機での機動はなく1機づつと大人しめ、高度も高めでしたが、
市街地に近い小松故、いたし方なしか・・・。
IMG_9539-2.jpg
IMG_9604-2.jpg
IMG_9635-2.jpg
岐阜からのF-2
IMG_9118-2.jpg
IMG_9129-2.jpg
海上迷彩塗装になって精悍になったアスコット(U-125A)の救難展示
雨で中止になったメニューもあったものの、ひっきりなしに飛ぶので間延び感なし。
去年はブルーまで昼休みが2時間あったのが、今回は1時間だったし。

IMG_4107-2.jpg
ブルーキターけどレンズ選択ミス
IMG_9879-2.jpg
IMG_9898-2.jpg
IMG_4116-2.jpg
下手したら飛ばないかもと思ってたけど、航過飛行と6番機のPさんが最後ってこともあってかのスローロールやコークスクリューもあって、出来ることはやってくれたって感じでした。
(写真は超々イマイチでしたが・・・)

で、一般的にはブルーが終わる前に帰りだすんですが(シャトルバスに並ぶため)、
マニアとってはまだまだ終わらない。そう、外来機の帰投です。
IMG_9970-2.jpg
IMG_0049-2.jpg
IMG_0055-2.jpg
ファントムはかっこええのお・・・翼ふりふりまでサービス。
IMG_0145-2.jpg
IMG_0226-2.jpg
IMG_0241-2_filtered.jpg
会場を出たのは4時前。シャトルバスも4時まで。
でも今回は雨のおかげで来場者が少なかったので、まったく待ち無しで乗れました。
過去は駅まで徒歩、徒歩、自転車、だったので初めてのバスでした。

そこで大人しく帰ればいいものを
IMG_5075-2_filtered.jpg
IMG_0324-2_filtered.jpg
IMG_5126-2_filtered.jpg
小松空港で1時間ほどお遊び。
結局19時に出て、さすがに翌日仕事のためには下道というわけにもいかず高速を使い、
4時間ほどで帰宅しました。(高速代3390円はこのときは価値あります・・・敦賀舞鶴の1車線は勘弁してほしいけど・・・)

あーたのしかった。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 21:56:20|
  2. 自衛隊・航空祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松基地航空祭前日

三連休の最終日が小松基地航空祭、
前日はブルーの予行がある・・・はず。
しかし予報は雨。期待薄ながらも、6時前に出発し例によって下道で小松を目指す。
(晴れなら混雑も予想して夜中に出るべし)

しかし福井に入った時点で、小松基地広報がブルーの予行は無い旨告知。
ん~ホテルまで予約して前日入りする意味・・・
悲しすぎるので、必殺食べログ検索()で海鮮丼をサーチ。
IMG_0139_20160924222639bb5.jpg
IMG_0141.jpg
福井県坂井市にある、富士寿司というお店の「海の極味膳」1580円。
海鮮丼と煮魚、一品料理にあら汁までついてるのでお得感あり。
しかし海鮮丼頼むなら、カニのある冬かな~。海鮮丼を漬け丼にしたセットなら、920円とお得感はこっちかも。
マイナス点はおばちゃん共々愛想ない事と、大将がカウンターでタバコ吸うことかな・・・。

小松に着いたのは結局13時を回るころ。
航空プラザにでも寄ろうかと思ったら、臨時駐車場も満車で入場待ちで渋滞するほどの状況。
小松空港も予行の日から搭乗者のみ利用可になってるので、さてどうしたものか・・・と思っていると、
ブルーが松島を出たとの情報が。
着陸側のRWY24端は、路上駐車しかしようがなく、それが今回小松基地航空祭での大きな課題になってたので、
紳士的対応wとして滑走路脇の浜美佐公園というところでお迎えすることに。
IMG_8356-2.jpg
IMG_8377-2.jpg
IMG_8384-2.jpg
IMG_8405-2.jpg
IMG_8456-2.jpg
IMG_8468-2.jpg
IMG_8510-2.jpg
無番機のお手振りウレシス

とまぁブルーのお迎えも良いのですが
IMG_8484-2.jpg
IMG_8500-2.jpg
IMG_8507-2.jpg
おおぅ・・・シルクウェイウエストの747-8Fが来てるじゃないか・・・。
もうワッサーの虜ですよ。
ってことで
IMG_4875-2_filtered.jpg
IMG_4907-2_filtered.jpg
IMG_4917-2_filtered.jpg
IMG_4924-2.jpg
反対側から離陸まで見届けたったwww

IMG_4956-2_filtered.jpg

晩は飛行機友達のTさんと、小松では有名らしい「餃子菜館 勝ちゃん」というお店へ。
人気店ということで7組ほどの待ち。順番待ちボードに名前を記入し、中はいっぱいだったのでドアの外で待つ。
しばらくして様子を見ると、自分のところにチェックが。
どうやら他の客はテーブル指定なのでカウンターは早く回ってきた模様。
「すいません、名前呼ばれたようなんですが・・・」と店員に声をかけると、
「何度も呼んだんですけどねっ!」とオバはんにキレられる。
いやいや、店内いっぱいですやん・・・出かけてた訳やなくてドアのとこ居ましたやん・・・
はい、心象最悪。
IMG_0144 - コピー
これが名物らしい、塩焼きそば。
はっきり言って、味しません。
なんでも調味料かけるほうじゃないけど、これはソースでもかけずには食えんかったです・・・
あ、一応フォローしとくと、他のメニューは普通においしかったです、王将並みには。

ホテルは5200円だけど玄関で靴を脱ぎ4階まで階段というレトロなところでしたw
駅前の真新しいハイパーでも5200円だったらしい・・・くやしいのぅwwww

続く。
  1. 2016/09/18(日) 22:22:44|
  2. 自衛隊・航空祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四日市工場夜景

さて、三重県まで来たもう1つの目的。
今まで何度も前を通り過ぎていたものの、たいてい帰りを急いでいたので撮らずにいた工場夜景。
観光協会でもらったパンフをもとに、まずは四日市港ポートビルへ。
300円払って14階の展望室へ行くと
IMG_0130-2.jpg
既に多くのカメラマンが。
ここは室内の明かりがガラスに映りこまないように、暗幕を貸してくれます。
が、この日は出払っていたので受付簿に記入して順番待ち。
そして順番がきたので暗幕を受け取ってから撮影開始。
IMG_4536-2.jpg
IMG_4543-2.jpg
IMG_4523-2.jpg
わーきれー(棒)
…正直、夜景って三脚とレリーズがあれば、多少貧弱なレンズでもそれっぽく写るもので・・・
突き詰めていけばいろいろ機材や構図や設定など勉強すべきところは多いんでしょうが、
まぁ目的は達成できたかなw
正直、数あるスポットの中でもここが一番だった気がします(結論)。
しかし夜景スポットといえば、当然リア充どもが沸いてくるわけで←
レンズを窓に近づけるため、三脚をローアングルに設定して、床に座り込んでシャッター切ってるオッサンは、
彼女らにとっちゃキモい存在でしか無いですわな(自虐)

次に四日市ドーム裏というスポット。
IMG_4555-2.jpg
IMG_4553-2.jpg
IMG_4550-2.jpg
ちょっと小ぶりな印象になりますかいな。
続いて、大正橋というスポット。
IMG_4572-2.jpg
IMG_4562-2.jpg
IMG_4566-2.jpg
この辺は惰性で撮ってた気がしますな(汗)
見た目の印象よりも、重なり感とか出すのがむずかしかったですまる

最後に、塩浜エリア。
IMG_4631-2.jpg
IMG_4589-2.jpg
IMG_4593-2.jpg
IMG_4596-2.jpg
IMG_4626-2_20160917123013a84.jpg
ここは白さと高さが印象的でしたな。今回行った中では2番目に好き。

しかし基本的に撮る場所も固まりがちで、あとは時間帯による変化が撮れたらいいなーというくらいで、
なかなかバリエーションが広がらない気がしますな、自分的には。

次は水島でも撮ってみたいもんです。


  1. 2016/09/10(土) 23:58:10|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亀八食堂

で、三重県に来たからには行っておきたい
IMG_0127_201609150024084c8.jpg
亀八食堂。以前行った同じ系統の伊○食堂は、肉質がイマイチだったためのリベンジ。
15時過ぎはさすがに混雑無し。
特に夜にいくと、家族連れやらカップルやら若者ウェーイwww集団やらがワイワイキャッキャやってて、
一人で行くと待たされてる時のシンミリ感が半端無いので、ぼっちメシするならこの時間やで!!(ドヤッ

IMG_0120.jpg
IMG_0121.jpg
IMG_0123.jpg
とりあえず、ご飯に載せて炭水化物×炭水化物、塩分脂質高めな健康と反対のベクトル食を堪能すべし。
  1. 2016/09/10(土) 15:22:30|
  2. 食べたりとか。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笠取山分屯基地オープンベース

まさか、マニアックなレーダーサイトの基地開放にまで出向くとは・・・。

三重県津市にある笠取山分屯基地は、滑走路の無い航空自衛隊の施設。
ただ年に1度の基地開放の日は航空機の飛来があるそうな。
60周年となる今年は、普段のT-4に加えF-15まで来るというではないか。
しかも片道200km圏内であれば・・・行くしかないじゃろ・・・

朝5時に出て、珍しく阪神高速を使い水走まで。
そこからは普段どおり下道で、8時半には基地駐車場に到着。
例年だと9時の開放時にはまだ空きがあるようなのだが、今年はほどなく満車。
IMG_0114.jpg
自衛隊車両で基地まで向かいます。

IMG_4451-2.jpg
まぁ良いお天気だこと。
標高800mの高地なので、風は爽やかですな。
しばらくして9:30よりT-4航過飛行。
IMG_7378-2.jpg
IMG_7382-2.jpg
IMG_7387-2.jpg
・・・ブレイクの瞬間、フレームアウトしてたやで・・・(痛恨)

と、あっという間に3パスも終わり、
IMG_4406-2.jpg
IMG_4437-2.jpg
他基地では人大杉でなかなか見づらい警備犬訓練展示もよく見え
IMG_7439-2.jpg
IMG_7452-2.jpg
IMG_7458-2.jpg
内容も、そこはかとなくユルさを感じさせてくれましたな。

そして財布を車内に忘れ、飲み物すら手に入らない苦痛に耐えて
IMG_4459-2.jpg
F-15キター  けど高い~遠い~~
IMG_7526-2.jpg
IMG_7537-2.jpg
・・・てことで、特に機動も無く3パスで終了・・・

最後は
IMG_4449-2.jpg
ロクマルを愛でる。
IMG_7578-2.jpg
IMG_7691-2.jpg
IMG_7640-2.jpg
IMG_9122-2.jpg
IMG_7892-2_20160915001637b63.jpg
14時には閉門という少し早めの終了時間。
小規模ながら、だからこそのまったりした雰囲気な基地開放でした。
青山高原のリゾート気分を味わうのとあわせてくるのがよろしいのではないでしょうか。
  1. 2016/09/10(土) 14:00:31|
  2. 自衛隊・航空祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たぐち

Author:たぐち
オッサンのメモ帳。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。